神戸の歴史や文化について知る

神戸の歴史や文化について知る

神戸は兵庫県の県庁所在地で、日本でも重要な貿易港として、古くから中国大陸をはじめ、近隣の港と交流をつづけてきました。江戸時代の鎖国政策を経て明治の開港以来、さまざまな外国人や外国からの文化を受け入れるようになります。神戸発祥の歴史は古く、周辺には古代からの古墳跡などが遺され、古くから守られてきた神社にも伝承が残されています。

そのような舶来文化と日本古来の文化とが混然一体となり、神戸に独自の文化が育まれていきました。その中には日本で初めて興った産業や生活に根付く流儀などがあり、今日まで長い時間を経てその多くが受け継がれてきました。国内でも京都の宮廷文化や大阪の上方文化、そして瀬戸内海の豊かな自然に囲まれ、それらに影響を受けながらも神戸は港町ならではの風通しの良い文化を築き上げていきました。またファッションや食文化、レジャーや観光といった面でも現在も成長をつづけており、関西の主要都市として常に多くの人々を惹き付けています。

1995年、阪神・淡路大震災によって戦後例を見ないほどの大きな打撃を受けましたが、住民や多くの支援者の尽力によりめざましい復興を遂げ、新しい神戸を再建しようと努力を続けています。

神戸の歴史や文化について知る

神戸の歴史とその歩み

神戸の歴史は、港や街の盛衰と共に歩んでいきます。

神戸の現在、神戸を散歩する

神戸を散歩すると、どのような姿が見えてくるのでしょうか?

歴史を経て、神戸に独自の文化が発展するまで。

神戸の歴史や文化について知る神戸の歴史とその歩み神戸の現在、神戸を散歩するサイトマップ